FC2ブログ

りゅう君パパの日韓国際結婚&子育て

国際結婚の手続きと日韓バイリンガル子育て生活

赤ちゃんのパスポート申請

先日りゅう君のパスポートを申請して今日受け取って来ました。

たとえ赤ちゃんと言えどもパスポートは必要になります。
未成年の場合は親権者が代理で申請することができます。


申請に必要な物は
1.一般旅券発給申請書 1通
申請書はパスポート申請窓口で入手できます。
5年有効なパスポートと10年有効なパスポートの2種類がありますが、
20歳未満の場合は5年有効なパスポートしか申請できません。

2. 戸籍謄本(または戸籍抄本) 1通
申請日前6カ月以内に作成されたもの。

3. 住民票の写し1通
ただし、住民基本台帳ネットワークシステムで確認可能な場合は原則不要。
また、国外で申請する場合は不要
申請日前6カ月以内に作成されたもの。

4. 写真 1枚 
 縦45ミリメートル×横35ミリメートルの縁なしで、無背景(薄い色)の写真。
 赤ちゃんの写真を撮るのはなかなか苦労しますが、
白いシーツの上に寝かせた状態で撮影しました。

5. 申請者本人に間違いないことを確認できる書類
(1)1点で良い書類(一部省略)
運転免許証、船員手帳、写真付き住基カードなど

なお、運転免許証などの書類がない場合は下のAとBの各1点、
又はAから2点を提示することで大丈夫です。
書類一覧
A   健康保険証、国民健康保険証、共済組合員証、船員保険証、
後期高齢者医療被保険者証、国民年金証書(手帳)、厚生年金証書、
船員保険年金証書、恩給証書、共済年金証書、
鑑登録証明書(この場合は登録した印鑑も必要)等
B   次の内写真が貼ってあるもの
学生証、会社の身分証明書、公の機関が発行した資格証明書等

なお、赤ちゃんの代理申請の場合は、
赤ちゃんの保険証と親の運転免許証、もしくはパスポートが必要です。

また、韓国人のりゅう君ママが申請に行きましたが、その場合は本人確認書類として、
外国人登録証と健康保険証を持ってくるように言われました。

以前はパスポート申請の際には郵便はがきが必要でしたが
平成21年3月以降不要になりました。



受け取る時は、たとえ赤ちゃんでも
本人確認が必要なため一緒に行かなくてはなりません。

そして、受け取る際には以下のものが必要です。

1.申請の時に渡された受理票(受領証)

2.手数料(必要額の収入証紙及び収入印紙を受領証に貼付)

手数料一覧
旅券の種類            都道府県収入証紙    収入印紙    計
10年間有効な旅券(20歳以上)  2,000円       14,000円    16,000円
5年間有効な旅券(12歳以上)   2,000円        9,000円   11,000円
5年間有効な旅券(12歳未満)   2,000円        4,000円    6,000円


申請に関する詳細は
各都道府県のパスポート申請先のホームページで確認してください


これでりゅう君は日本と韓国のパスポートを持つことになりました。

IMG_4043_convert_20120118005039.jpg


日本出発の時は日本のパスポートで出国し、
韓国到着の時は韓国のパスポートで入国し
韓国出発の時は韓国のパスポートで出国し
日本帰国の時は日本のパスポートで入国。

2つのパスポートの使い分けはこんな感じです。
このようにするとスムーズに出入国ができます。


こどもちゃれんじbaby資料請求

スポンサーサイト

PageTop

二重国籍者のパスポート

二重国籍者のパスポート

韓国で里帰り出産をしたので日本に戻って来るのにはパスポートが必要です。

そこでまずは韓国のパスポートを取得しました。
韓国のパスポートがあればとりあえず韓国出国時は問題ありません。

しかし、韓国のパスポートで日本に入国してしまうと外国人として扱われ、
90日以内の滞在にとなってしまい、90日を過ぎると不法滞在なんてことに…

それは困る…ということで
入管に電話したところ、日本入国時に戸籍謄本があれば日本人として入国できるとのこと。
戸籍謄本とは家族全員が載っているやつですね。

なので最初の日本への入国では
韓国出国時は普通に韓国のパスポートで出国し、
日本入国時は韓国のパスポートと戸籍謄本を提示しました。
これで日本人として入国できました!

ちなみに私の利用する成田空港では一般の入国審査の列ではなく
事務所の横のカウンターで手続きをしました。


そこの職員の方に確認したところ、

二重国籍の場合、日本から韓国に行く時は
日本出国時→日本のパスポート
韓国入国時→韓国のパスポート


韓国から戻って来る時は
韓国出国時→韓国のパスポート
日本入国時→日本のパスポート

と使い分ければOKとのことでした。

これだと外国人の入国という記録が残りませんね。

まあ、でもいちいち戸籍謄本を提示するのも面倒くさいので
りゅう君も日本のパスポートを取得する予定です。


ちなみに韓国で産まれても
韓国で日本のパスポートが取得できます。

韓国の日本大使館や領事館で申請可能です。

必要書類は
1.申請書
2.戸籍謄本または戸籍抄本(子供の名前が記載されているもの)
3.写真(縦 4.5× 横 3.5cm)

ちなみに手数料は
10年用: W 208,000
5年用: W 143,000
12歳未満: W 78,000
だそうです。

今回は時間がなかったので韓国ではパスポートは作りませんでしたが、
時間があれば韓国で作ってもいいかもしれません。

PageTop

海外で産まれた場合の出生届

ウチのりゅう君は韓国生まれです。

なのでまず、韓国で出生届けを出しました。
韓国で産まれた場合の出生届に必要な書類は

1.出生証明書(生まれた病院でもらえます)
2.出生申告書(役所に置いてあるのでそこで記入)
3.届け出人の身分証明証(自分で届け出をしたので日本のパスポート)

ちなみに日本だと出生届と同じ用紙に出生証明書が付いているようですが
韓国では別々でした。

これでりゅう君は韓国国民となりました。


次に日本へ出生届けです。

ちなみに海外で産まれた場合は生まれてから3カ月以内に出生届を出さなければなりません。
届け出先は、その国の大使館又は領事館、もしくは本籍のある日本の役所です。郵送でもいいようです。

私は日本に帰って来て自分の本籍のある市役所に出生届を出しました。



そこで必要な書類は

1.出生届(市役所の職員に言えばもらえます)
2.韓国の病院でもらった出生証明書の原本
3.韓国の出生証明書の翻訳
4.母子健康手帳日本の)
5.印鑑
6.身分証明書(パスポートや免許証)

日本でも韓国の出生証明書が必要となります。
韓国の役所と日本の役所にも出すので病院では2通もらっておきましょう。
(場合によってはさらに健康保険の出産育児一時金の申請の時にも必要かもしれません)
さらにその翻訳も必要になります。
翻訳は自分でしました。漢字語が多いので特に難しいものでもないと思います。

そして、この時に最も重要なことは…
国籍留保」です。
つまり韓国籍も保持しつつ、日本国籍も保持するいうことですね。
これをしないと日本は基本的に重国籍を認めていないので
生まれた時にさかのぼって日本の国籍を失ってしまいます。

書き方は出生届の「その他」の欄に
日本の国籍を留保する
と記入して署名捺印をすればOKです。
詳しいことは職員の方が教えてくれると思います。

これで手続き終了!
りゅう君は日本国民になりました。

ちなみに以前は韓国では重国籍者は外国人として扱われるため、
「国民処遇申請」を行う必要がありましたが、
2011年1月に法律が改正され「国民処遇申請」の必要はなくなりました。

以上の必要書類は私の場合です。地域によって違うかもしれませんので必ず確認してください。

PageTop