FC2ブログ

りゅう君パパの日韓国際結婚&子育て

国際結婚の手続きと日韓バイリンガル子育て生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

仁川空港事後免税制度

事後免税制度」って何?と思われ方もいると思います。
別の言い方をすると「タックスリファンド
簡単に言うと街中で買物した際にに払った税金が戻ってくる制度です。

免税店などではもともと税金がかかっていませんが
この制度は普通のお店で買った物の税金も戻ってきます。

日本の消費税のように韓国では付加価値税というものがあります。
この付加価値税分が戻ってきます。
付加価値税は10%ですが手数料を引いて8%前後が戻ってきます。

ただし、「TAX FREE」の表示がある店舗で30,000ウォン以上購入した場合に限ります。
ですが、よく見ると結構、「TAX FREE」と書いてある店舗は多いです。

この制度を利用したことない人はもったいない・・・

手続きが面倒くさい?
そんなことはありません。
いたって簡単です^^

まずは、「TAX FREE」の表示がある店舗で30,000ウォン以上購入しましょう。
レジで、「TAX FREE」をしたい旨をいいます。
韓国語が分からなくても、「TAX FREE」といえば相手も理解してくれるでしょう。
そこでパスポートを見せて、「TAX FREE」用の伝票に氏名、日本の住所などを記入します。
店舗での手続きはそれだけです。

続いて空港での手続きです。
まず出国審査を終えたら中央のシャトルトレイン乗り場裏にある
税金還付カウンターに行きましょう。

P1220696.jpg
エスカレーターの向こう側の青いカウンターが税金還付カウンターです。

P1220692.jpg
ここで、TAX FREE用紙にスタンプを押してもらいます
お金はここではもらえないので注意

続いてすぐ近くの28番ゲート裏にある還付カウンターへ行きます

P1220693.jpg
写真左をさらに左に行くとカウンターがあります

P1220689.jpg
2つのカウンターがあります

P1220690.jpg
オレンジとブルーのカウンターがあり
オレンジがとグローバルタックスフリー、ブルーがグローバルブルーです。
それぞれお店でもらった紙に書いてあるので確認して並びましょう。

順番が来たらスタンプが押された伝票とレシートを渡せば手続きをしてくれます。
現金は円かウォンか選べます(ドル、中国元も可)。
ウォン以外に変えた場合500円以下の小額はウォンで渡されます。


今回商品はスーツケースの中に入れチェックインの時に預け、
出国審査後の税金還付カウンタースタンプをもらう時も商品を見せませんでした。


ですが、本来は商品は手荷物にして持ち込むか、
スーツケースに入れた場合は
チェックインの際に税関申請する購入商品があることを伝え
専用のタグをつけ税関に持って行きスタンプをもらってから
そこでスーツケースを預けそれから出国審査をします。

詳しくはコチラをご覧ください。


Expedia Japan【エクスペディア】ダイナミック海外ツアー★ツアー通常バナー★







関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。