FC2ブログ

りゅう君パパの日韓国際結婚&子育て

国際結婚の手続きと日韓バイリンガル子育て生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

忠武キンパブ

キンパブとは韓国式の海苔巻きのことで、キム(김)は海苔、パプ(밥)は米飯を意味します。

日本の海苔巻きとは違い、酢飯が使用されず、ごま油が塗られていて、
中の具材も、ニンジン、ホウレンソウ、キムチ、エゴマの葉、たくあん、牛肉、ハム、ツナ、カニかまぼこ、チーズなど多種多様です。

ですが、忠武(チュンム)キムパプと言う物はまったくの別物です。
忠武とは韓国の南にある都市、統営のことでそこが発祥の地とされていることからこう呼びます。
キンパブの中の具はというと・・・ありません。

ご飯だけです。
具なしキンパプに、イカの甘辛い和え物とカクトゥギが一緒に出てきます。

s-DSC05251.jpg

食べるときはこの具なしキンパプとイカやカクトゥギを楊枝で刺して一緒に食べます。

シンプルですが、これがなかなか癖になります。
食べているとだんだん辛くなってくるところがミソ。
シンプルなのにハマリます^^

今回食べたのは本場統営の人気店「ハンイルキンパプ
http://hanilkimbab.cafe24.com/(韓国語)
地元のタクシー運転手お奨めの専門店です。
価格は1人前4500W
少なそうに見えて意外におなかいっぱいになります。

s-DSC05252.jpg

場所は統営名物亀甲船の真向かいですぐにわかります。
s-DSC05253.jpg
窓からは亀甲船が見えます。


中央市場も近くにあり観光で空いたおなかを満たすにはピッタリです。


楽天トラベル株式会社

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。